×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

朝食は抜かずに食べて健康に痩せて下さい

ダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)期間の間食は何があってもいけません。

 

 

オヤツで食べるものが、幾らお菓子などではなくても、食べる=太るという事実を頭に入れておいて下さい。
過度の我慢もいけませんが、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食べたい欲求をコントロール出来るように体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)を変えていきたいですね。

 

減量の為に朝食事を抜くのは体に良くないので、抜かずに食べる方が効果的です。カロリーを心配する場合はメインの食事をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。

 

他にも、茹でた野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)や温かいスープも代謝が上がりますし、肌にも良いです。時間がない時は果物だけでも良いので、朝食は抜かずに食べて健康に痩せて下さい。

 

 

 

炭水化物の摂取を少なくする手段で食事制限をしたことがあります。

 

よく噛んで、ちゃんと満足度を得ようとしたけど、きつかったです。日本人ですから、時には、ガツンと白いごはんを欲します。

 

 

ですから、今は、夜は炭水化物の飲食を控えるけれど、朝ごはんと昼ごはんは普通に食べることにしています。
若い頃は基礎代謝力がしっかりとしているため、少し食べ過ぎて体重に影響があってもしばらく経てば元に戻ることがよくあります。ですが、年齢を重ねるにつれて基礎代謝力が衰え、エネルギーの消費量も減少するので、何もしなかったとしたら脂肪がつきやすくなります。

 

 

痩せたい!と思うなら、まずは無理をし過ぎないことです。食事制限をするダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)は確実に痩せるのだそうですが、実はデメリットもあるのだそうです。私は生理が止まりました。排卵がストップして、産婦人科で薬をもらい治療しました。最初から頑張りすぎると続かないというのが自論です。実際、日常生活で歩く時にお尻に力を入れて大股であるくだけでもおもったより、違いが出てくるのだそうです。呼吸に気を付けてオナカからするだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。脂肪を燃焼指せるストレッチとしては思い切り呼吸しながら、肩甲骨を動かすのが良いのだと伺いました。

 

肩凝りにも成果が見られるんですが、両腕を上の方へまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は空にむけたまま、肘を曲げて体の後ろに沈めていきます。

 

 

この時に息を吐いて肩甲骨を縮めるイメージです。限られた短い期間で健康的にダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)するには水泳が一番です。走ったりはしたくないという方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、長時間可能ですし、泳ぎ終わったら心地よい疲労感が残っています。やせることを目指して泳いでいる人は大勢いますから、1人で泳いでいようと全然恥ずかしくはないです。

 

 

 

水泳は想像以上にカロリー消費が激しいので、つづければ痩せられます。ダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)で、より無理なく痩せたい場合には、マラソンを実施するのが近道です。どういったものかというと、これは水泳、歩行、走行といった運動です。そして、栄養面で考えるのはプロテインなどの、いわゆる良質なタンパク質を取ることです。

 

 

脂肪燃焼のためにはタンパク質を要するのだそうです。健康目的で歩くことによってダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)することの注意点は、40分以上は必ず歩きつづける事です。有酸素運動であるウォーキングで、体内で燃え始める脂肪は、約30分後から初まります。

 

10分や20分くらいのウォーキングでは、脂肪が燃焼される事はなく、痩せる効果はかなり薄くなってしまうので、注意する事が大切です。

 

年齢を重ねるにつれて、運動をおこなう機会も減り、ほっておいたら、基礎代謝が低下していく気がします。そのためか、せっかくダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)をしても、思う通りに体重が減りません。まず体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)改善をおこなわないとダメですね。

 

始めに、体を温かくするために、生姜湯から、行いたいと思います。
寒い冬にはもってこいの飲料ですし、これがあれば代謝がアップするでしょう。